FX始めたきっかけ

他の投資商品よりメリットの多いFX

日本の景気が悪いために、銀行の定期預金にお金を預けてもほとんど増えないといった現状が長く続いています。こうした状況でお金を預けていても、その価値は年月が経つにつれて低くなってしまいます。そう考えると、早めに投資を行うことでお金を増やしておく必要があります。その投資の手段として、FXを始めました。

 

もちろん投資の手段には、FX以外にもたくさん用意されています。しかしFXには、他の投資商品には見られないメリットが数多くあります。その一つが、レバレッジという仕組みです。これは少ない資金で多額の取引を可能にするもので、FXではこのレバレッジが採用されていることから、短期間で資金を増やすことができるのです。

 

さらに他の投資商品に比べると、手数料がほとんどかからない点もFXの大きなメリットです。投資によって例えば金利などが得られますが、手数料の額が大きいとその金利も目減りしてしまいます。FXでは多くの業者が手数料なしでサービスを提供していますから、増やした資金から手数料が引かれることで減ってしまうといったこともないのです。

 

またFXでは、チャンスと思った時にすぐに投資行動に移すことも可能です。銀行の定期預金では、預ける期間が決められるなど投資の柔軟性がありません。それらを考えて、メリットの多いFXを始めました。