FX始めたきっかけ

苦労をかけた親に楽をさせたくてFXをはじめました

私は子供のころから親不孝ばかりしてきました。

 

高校を卒業して専門学校に行ったのに半年で嫌になり退学して約100万円ほどを無駄にさせました。

 

そして、その後はすぐに就職せずにプラプラして、家にもほとんどお金をいれることはありませんでした。

 

そのトドメとして結婚してすぐ離婚ということもやってしまったのです。

 

そんなこんなで親には金銭的にも精神的にも苦労ばかりかけてきました。

 

実家は自営業で、ここ数年の景気の悪さで生活もぎりぎりといった感じです。

 

年老いた親の背中を見ていると、なんとか楽をさせたいという気持ちになり、話題になっていたFXをしようと思ったのです。

 

親にすれば、お金よりも私が再婚して落ち着いてくれるほうが喜ぶとは思うのですが、私に再婚の意思が全くなかったので、ならば『お金』という選択肢になりました。

 

私は離婚してから昼間の仕事と夜は夜で水商売のアルバイトをしていたので結構な貯金がたまっていたのです。
自分で一人で生きるという選択をしたので、お金がいると思い必死で働いていました。

 

そして、そのお金の一部を使ってトレードを始めたのが4年前でした。

 

トレードを始めてすぐにリーマンショックで損失を出しつつも何とか生き残れています。一気に大金を稼ぐのは無理でも、小さな利益の積み重ねでお金を増やせていければと考えています。